聞き取れないという発達障害 APD(聴覚情報処理障害)

発達障害

 こんにちは、ぞうです。
みなさんは発達障害と併発しやすい障害で「聴覚情報処理障害(APD)」という障害があるのをご存知でしょうか。
筆者も最近知ったのですが、きっかけは息子の仕事上の悩みを聞いてると「人の言うことが聞き取れない」という問題があることがわかってきたのです。

最初は「単なる集中力の不足か語彙力の不足からくるものかな」と考えていたのですが、どうもそれだけではないことがわかってきたんです。

詳しい内容はこのサイトにあります。

聞こえる言葉が理解できない人が直面する危険 | 健康
APDは、Auditory Processing Disorderの略で、「聴覚情報処理障害」と訳されます。次の項目をご覧ください。これはAPDであるかを簡易的に診断できるチェックリストの一部です。APDの大きな特徴は、2つです。1つは…

そしてこのサイトの記事を書いた平野浩二先生の著書です。

聞こえているのに聞き取れないAPD【聴覚情報処理障害】がラクになる本 [ 平野浩二 ]

価格:1,760円
(2020/11/1 15:13時点)
感想(3件)

この障害の第一人者と言われている小渕千絵先生の著書です。

APD「音は聞こえているのに 聞きとれない」人たち 聴覚情報処理障害(APD)とうまくつきあう方法 [ 小渕千絵 ]

価格:1,760円
(2020/11/1 15:21時点)
感想(3件)

きこえているのにわからない APD[聴覚情報処理障害]の理解と支援 [ 小渕千絵 ]

価格:2,420円
(2020/11/1 15:21時点)
感想(0件)

 一般的にはまだこの障害はそれほど認知されておらず、耳鼻科に行っても聴覚そのものに異常がない、精神的なものというふうに診断されるだけで筆者の息子も発達障害の診断は受けていますが、まだAPD(聴覚情報処理障害)という診断は受けていません。


なので確定ではないのですが上記サイトにあるチェック項目にチェックし、点数を出すと72点以下なら該当するそうで筆者の息子は52点で見事に該当しました。(ちなみに筆者は96点で健常者でした。)

 具体的な症状として、息子本人が主張するには、他人とのコミュニケーションがうまくいかない、聞き取れないので伝えたいことも伝えられない。
 なぜ他の人がコミュニ―ケーションを円滑にして、チームワークとして仕事を進めていけるのかわからない。
会議の内容や伝達してくる内容を文章化して欲しい。
短期記憶が弱く、言われたことを、すぐ忘れてしまうなどです。

 息子はADHDの症状が大半であとアスペルガーも含んでいます。
しかし、ADHDでも多動と集中力が持続しないのは該当しますが、コミュ力がないのはアスペルガーの主要因です。しかしアスペルガーの空気が読めないというほどではない。
アスペルガー特有の過集中がない。
ADHDとアスペルガーの中心軸を貫く感じでAPDがあるというイメージでしょうか。

 思い返せばすべてAPDが原因で挫折を繰り返してきたように思います。

 コンサータような薬を飲めば多少は改善しますが、食欲不振など副作用もあり、常時服用するわけにもいかず、「生きづらい」というのが率直なところです。

 そして問題は上記の書籍のレビューにもありますが、症状を羅列しても決定的な改善策がないことです。
やれることとして、ノイズ除去の機械を使う、音声の文字化アプリやレコーダーを使用する。
相手の口元を見て話を聞く、あとは周囲にサポートしてもらうなど。

 これらの対策をやろうとすれば、職場での理解とサポートが必要になってきます。
つまり障害者雇用のような配慮がないと難しいことになります。

 今後このAPD(聴覚情報処理障害)は研究されていくと思いますが、健常者として働く対策は厳しいながらもこの記事を読んで「なぜこんなに聞き取りにくいのか?」と悩む人の一助になれば幸いです。

職場定着率90%!発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

               

コメント

タイトルとURLをコピーしました