アダルトチルドレンとカサンドラ症候群

発達障害

いつもブログの拝見ありがとうございます、ぞうです。

今回は前回のブログの続編のようになりますが、アダルトチルドレンとは何かということを、もう少し掘り下げていきたいと思います。

前回のブログはこちら↓

書評 「私の夫は発達障害? 真行結子著」 
「私は駄目な人間である」とか「私さえ我慢すれば」と考えてしまう心的傾向の方と自分の世界にはまり込んでいるASDが結婚すると、この「カサンドラ症候群」が起きやすいのでしょうね。

今回のブログの題が「アダルトチルドレンとカサンドラ症候群」になってますが、カサンドラ症候群については、前回のブログで詳しく紹介しています。

アダルトチルドレンとは何か?

よくあるパターンとして、幼い頃の家庭環境が劣悪で、父親がアルコール中毒で子供に暴力を振るうようなパターンであると、女性であるならば、「電車内で近くに男性が立つだけで嫌悪感を憶える」というのがあるのですが、男性のパターンでも幼いころに母親と生き別れになったり、離婚して後妻となった母親に嫌われ、「あなたなんかいなければいいのに」と言われた経験を大人になっても引きずっているケース。
 これも男性のパターンですが、小さいころの母親の愛情不足のため、成人して結婚すると今度は妻を母親代わりにして子供ような態度をとって、趣味に莫大なお金を掛けるケースもあります。

まあみなさん大なり小なり、幼い頃の経験が大人になっても反動として出てくるというのはありますね。

アダルトチルドレンの場合は成人すると主に次のような心境になっている場合が多いようです。

誰かのために頑張っている自分が拠り所になっている

カサンドラ症候群の妻とASD(アスペルガー)の夫のケースでは、空気を読めない、他人の気持ちに無頓着なASDの夫のために自分を押し殺してしまう奥さんも多いようです。
威圧的なASD夫の場合は「私さえ我慢すればうまくいく」というふうに考えてしまう。
まったく他人に関心を示さない無関心ASD夫の配偶者がいる場合は「あの人には私が必要」と考えてしまい、尽くすだけ尽くして燃え尽きてしまう。
 またアダルトチルドレンの女性は父親からの虐待を受けているのにも関わらず、いわゆる駄目男とくっついてしまうケースもよく見受けられます。

強い承認欲求

このようなアダルトチルドレンの女性(男性もよくある)のパターンでは異常なほど自分への承認欲求が強いケースもあります。
やたら目立って注目を浴びたがる人っていますよね、ほんとに自分にスポットライトが当たらないと気がすまない人ってたまにいるのですが、これも幼い頃、親に虐待されたり、人格否定されたりしたことがトラウマになっているケースでそうなることもあるようですね。
 それと兄弟間の能力の格差が大きい場合がありますが、有名スポーツ選手の弟が犯罪を犯して逮捕されたりという話も耳にしますね。この場合親が、出来のいい子供とどうしても比較してしまって兄がよくできた場合は「兄に比べて、おまえ(弟)は駄目だ」という言葉をさんざん吐かれたためにグレてしまうというケースも同じかもしれませんね。

アダルトチルドレンの女性が結婚した場合、妻に対して労いの言葉や感謝の言葉をかけたり、気持ちに寄り添ってくれるような愛情深い男性なら、そこで自己肯定感が出てくる場合もありますが、これがASD夫の場合はまず期待できません。そこで苦しみを作っている妻もカサンドラ症候群になってしまうようです。

ADHD(多動性障害)夫の場合はその特性から仕事ができない方も多いのですが、ASDはコミュ力は低いものの、昇進して部下の面倒を見なければいけないケースでない限り仕事は無難にこなす人も多いようなので、いわゆる甲斐性があり経済力がある分、離婚にまで踏み切れず我慢しているカサンドラ症候群妻もいらっしゃいます。

解決策はあるのか?

前記ブログの著者は発達障害のあるパートナーを持つ人「フルリール」の代表を務めておられます。
夫婦関係で悩む方は一度相談してみてはいかがでしょうか?

フルリール
カサンドラのありのままの笑顔が花開く場~発達障害(未診断を含む)特性のあるパートナーを持つ人たちの居場所

私の夫は発達障害? [ 真行結子 ]

価格:1,540円
(2021/1/22 22:50時点)
感想(2件)

アダルトチルドレンそのものは、幼少時に刺さっている心の棘を抜く必要があります。
カウンセラーの指導の元、幼いころを振り返っていくようなカウンセリングが必要でしょう。

[PR]

女性も相談に乗ってくれる転職支援サービスです↓

マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス

こちらは子育てをしながら保育士の資格を生かす転職支援サービスです。↓

保育士資格を活かして働く!条件に合ったお仕事探しをサポート【ママキュー保育】

自立を目指す主婦のかたへ、子育てをしながら転職を支援します↓

時短やリモートで働きたいママさんに!理想の職場をご紹介!【ママキャリ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました